もらえるものはもらっちゃおう!働いている女性に支給される支援金

もらえるものはもらっちゃおう!働いている女性に支給される支援金

産休中の給料代わりとして支給される出産手当金

赤ちゃんが生まれる前の42日間と、出産後の56日間を合わせた合計98日間のことは、産休期間と呼ばれています。仕事をしている女性が、この期間中に産休をとって、仕事をお休みすることは珍しくありませんよね。その場合、休んでいても会社から給料が支払われるケースもあれば、まったく支払われないケースもあります。産休期間中に、会社から給料がもらえなくっても安心です。なぜなら、そんんときのために産休手当金という制度が作られているからです。


産休手当金はいくらもらえる?

産休手当金は、1日あたり、標準報酬日額の6割がもらえるようになっています。標準報酬日額というのは、計算がちょっとややこしいのですが、給料や通勤手当、残業手当などを合算したものを、1月に働いた日数で割ったものです。大雑把に計算するなら、1月の給料の金額を出勤した日数で割ることによって、だいたいの金額を知ることができます。産休期間の98日間すべてを休んだとすると、標準報酬日額×0.6×98日分がもらえちゃうんです。


パートやアルバイトでももらえる

正社員だけでなく、パートやアルバイトとして働いていた女性も、もちろん出産手当金の支給対象に含まれます。ただし、健康保険に加入していることが条件とされているので、職場で健康保険に加入していない場合は除外されてしまいます。ところで、妊娠してお腹が大きくなってきたら、会社を辞めて、出産に専念する女性も多いですよね?このように会社を辞めたしまった場合でも、出産手当金は支給されるので、忘れずに申請するようにしたいですね。



小さい子供から目を離すことが出来ないシングルマザーの仕事は子供が寝ているスキマ時間にコツコツと出来る在宅ワークや託児所に預けて仕事が終わってから迎えにいくとうパターンがあります。