介護は家族だけで悩まずに積極的に相談をすることです

介護は家族だけで悩まずに積極的に相談をすることです

介護相談は早めに行うことです

高齢社会となり介護問題が日常化してきます。特に在宅介護となれば、自分たちの生活全体を客観的に見つめ直すゆとりも失ってくるでしょう。身内に高齢者がいる家庭では元気なうちに、介護問題について相談をし知識を持っておくと気持ちの整理ができます。高齢者が介護についての悩みが無い時であれば、一緒になって聞くこともできますし、家族で介護について話しあうこともできます。双方で、その時がきたらどうしたいのか、どうされたいのかを話し合っておくことです。


介護相談の窓口があります

介護相談の窓口というものがありますので一度は訪ねてみましょう。これは市区町村の福祉の部署に設けられています。大きな都市では役所の出張所、もしくは保健福祉センターなどにもあります。これらの窓口では、介護保険の相談だけではなく、その自治体で行っているほかのサービスをも含めて、総合的な立場で相談を受けています。特に、身内が入院をしておれば退院をしてきた日から、ホームヘルパーなどのサービスを提供してもらえるかもしれません。


介護講習や介護者教室などもあります

市区町村では、しばしば介護講習、介護者教室が開かれて、広報誌などにその案内が掲載されます。介護講習会の良いところは、介護に関する知識や技術が学べることです。介護の知識がなければ、間違った介護や自己流になり適切な介護を続けられません。介護教室などでは、他の介護者の経験を聞くことができます。先輩の苦労や経験談は目線が同じになれるので大変参考になるでしょう。また、福祉サービスや住民ボランティアの情報なども知る機会になります。



介護の派遣のサービスは、全国的に需要が高まっており、高齢者の介護の知識や経験を持つ人材が好まれています。