これからの時代は介護が主流になっていく?

これからの時代は介護が主流になっていく?

高齢社会の到来に向かって

少子高齢社会が社会問題になりつつある中、それにどのように対応するのかが求められるのかです。高齢者全員が同じ人ばかりではなく、元気な人から不自由な人が居ますから、それぞれ生き方も違います。介護を要する人から自由に生活送れる人まで様々ですが、今後介護がより重要さを増しそうなのが老人ホームです。在宅で介護できるのはほんの一握りですから、ほとんどの人は施設に預けた方が良い人ばかりです。面倒見るには一人では苦しいからです。


老人介護だけならいいけど

高齢者ばかりがスポットを浴びていますが、老若男女関係なく障害者も介護しなくてはいけないです。高齢者の場合、人生経験が長いだけにあまりものが言いにくいのもあります。それでも障害者の場合、社会に中々適合にしにくいなど色んな問題を抱えて入所しています。人生経験は老人施設と比べてまだ浅い人もいます。自分よりも年下を介護しなくてはいけないのが障害者施設です。障害者だけに、色々と難しい問題も抱えています。老人の場合は人生経験を聞くのも仕事する上での社会勉強になるでしょう。


介護を仕事する人に問われるもの

介護は需要が増していくと言われますが、時代の流れは早い物で待ったなしの状況です。高齢者は増える一方で、なかなか介護スタッフが増えないという現実があります。老人ホームもまだまだ足りないと言われているだけに、高齢者を支えていく社会整備も不十分と言わざるを得ない状況でしょう。介護スタッフは経験に関係なく、常に慢性不足が指摘されています。解消するには時間を要しますが、それでも現場としては人が欲しいです。経験あれば良いですが、未経験者スタッフには育成するつもりで接する覚悟が求められます。



介護の求人の特徴として、年齢や性別などが制限されていないものが多いため、様々な立場の求職者からの関心が寄せられています。