応募できる、できない?!応募するにも企業側の求めている人物像を想像する必要性

応募できる、できない?!応募するにも企業側の求めている人物像を想像する必要性

求人票から読み取る必要性

求人票には年齢や性別を記載できなくなったために、求職者としては求人票の内容から企業が求めているターゲット層を考えて応募する必要もでてきています。企業側も記載ができなくなったために、ターゲットに考えれている性別や年齢の人からの応募を得るために記載内容には気を使っているのです。応募する側としても、ターゲットから自分がはずれていることがわかれば応募することもなく、そのための無駄な作業をしなくても済みます。


無駄な転職活動をしないために

性別や年齢を記載できなくなったとしても、そのアピール文面に、20代の女性が活躍中という文言を記載することで、読み手としては、それとなく企業が希望している応募者像を想像することができます。そのためその求人内容に自分が興味があったとしても、自分が採用されることはないことを事前に知ることができて、効率的な転職活動をおこなうことができます。転職活動では履歴書等の書類を記入する時間や応募の際の切手代金も相当かかります。


適法に応募者を限定する方法

最近も企業が求めている人物像と応募者とのアンマッチが言われていて、その処理で企業の人事担当も大変な作業になることも多くなっているのです。そのため人事担当も求人を出す時には、その内容には工夫が必要で、違法にならない程度の表現で、ターゲットにしている人物像を表現する必要が出てきています。中には、年齢層を限定するために、適法な年齢制限を設けたりする企業もあります。その年齢層が極端に少なくため等といった理由によって限定することは適法にできるようになっています。



ネットワークエンジニアは未経験でもなれる仕事です。次のキャリアとしては、システムエンジニアなどがあります。実務経験を積みながら資格取得などを目指しましょう。